Cube Netは、オーストラリアを拠点に多言語対応で活躍するマルチメディア集団です。

過去の投稿

May 2006 の投稿一覧です。
30/05/2006

スピードテスト

投稿者: rie
お使いのインターネット速度が実際はどれくらいのスピードがあるのか、簡単に計測する方法です。

gooホームページのサービス一覧から「スピードテスト」を見つけてください。

今後アドレスが変更される可能性がありますが、2006年5月現在は以下のアドレスです。
http://speedtest.goo.ne.jp/

スピードテストを開くと、まずはじめにこういうフラッシュが表示されます。



74.12Mbpsというとかなり速いですね。

ちなみに、アナログ回線の場合56kbps。日本のISDN回線は通常64kbps。ADSLの場合は、1.5Mbps、8Mbps、12Mbps、24Mbps、40Mbps(料金による)。Mは100万を表す単位なので、1.5Mbpsは1,500,000bps。つまりアナログ回線の約27倍という計算になります。ただしこれは計算上の速度なので、通常、実際の通信速度はもう少し低くなります。

スピードテストは、赤いスタートボタンをクリックすると環境や電話番号などを聞かれますので、該当のものを適当に答え、計測開始。


さて、Cube Netオフィスで使っているインターネットのスピードは・・・




あら、遅い。

ADSLの通信速度(ダウンロード)は1.5Mbps~なので、これはかなり遅いです。
それでも私の自宅のADSLと比べると3倍の速度。
オーストラリアの通信速度がどんな感じがわかっていただけると思います。

今回は回線が込み合う夕方にテストしたので、次回は朝一番にやってみます。
皆さんも、試してみてください。


19/05/2006

Windows XP 日本語化「日本語を入力できるようにする」

前回に引き続き、英語版WindowsXPを日本語化する方法です。

今回は、日本語を入力できるようにする方法。

Start
 ↓
Control Panel
 ↓
Date, Time, Language Options
 ↓
Regional and Languages Options
 ↓
Advancedタブをクリック
 ↓
Language for non-Unicode programs エリアにある言語設定をJapaneseに変更。
 ↓
The required files are already installed on your(略)という、すでに必要なファイルがインストールされていることを知らせるメッセージが表示されます。
「Yes」をクリック。
 ↓
You must restart your computer(略)と再起動をうながすメッセージが表示されますので、「Yes」をクリックしてコンピューターを再起動。


さて、実際に日本語を入力してみましょう。
画面の右下(もしくは右上)に現れるENマークをクリックして、JPに変更します。
 ↓
IME2002が現れます。入力モードをひらがなにすると、日本語が入力できるようになります。


11/05/2006

Windows XP 日本語化 「日本語を読めるようにする」

投稿者: rie
英語PCを日本語化する方法その1は、英語のWindows XPで日本語を読めるようにする設定です。

画面左下の「Start」をクリック
 ↓
Control Panel
 ↓
Date, Time, Language Options
 ↓
Regional and Languages Options
 ↓
Languagesタブをクリック
 ↓
Install files for East Asian languagesのチェックボックスをクリックしてチェックを入れる
 ↓
You choose to install the Chinese, Japanese, and Korean language(略)というメッセージが出るので「OK」をクリック。
 ↓
You must restart your computer (略)と再起動をうながすメッセージが出るので「YES」をクリックして再起動。

再起動後は、日本語、中国語、韓国語のホームページを表示できるようになります。


次回は、日本語を入力できるよう設定する方法です。

05/05/2006

エクセルの小技 その1

投稿者: rie
計算式はそのままで、数値のみ全て「0」にしたい時

1.こんな風に数値が入っています。これを全て「0」に変えましょう。



2.変えたい範囲を選択します。



3.「0」を入力すると、一番最初のセルに数値が入ります。



4.ctrlとEnterを同時に押すと、計算式はそのままで数値のみ「0」に。




02/05/2006

IE6.0とFlashコンテンツ。

カテゴリー: お仕事全般
投稿者: rie
2006年04月11日、マイクロソフトよりInternetExplorer6.0向けのセキュリティパッチがリリースされました。

最近ますます多用されているFlashコンテンツ。皆さんも一度はご覧になったことがあるかと思います。
動きのあるページはインパクトが強く、Flashなら操作性にも優れています。まるで映画を見ているかのようになめらかで美しい動きと、それをマウスで操作する楽しさは、ホームページをグレードアップさせてくれますね。

今回リリースされたセキュリティパッチは、そのFlashの動きを止めてしまうものとなりました。
これまで自動的に表示されていたFlash一つ一つにダイアログが表示され、それをクリックしなければならなくなったのです。

このようなものがなぜリリースされてしまったかというと、IEで使われている技術が特許侵害であると訴えられているから。実はその技術は他の多くのブラウザでも使用されているのですが、マイクロソフトだけが訴えられてしまいました。

数百万ドルといわれる賠償金を支払う代わりに、特許侵害回避のため今回のパッチをリリースし、さらにそのパッチを無効化するパッチをリリース。それがマイクロソフト側の対応です。

今後どうなっていくのか、とても気になりますね。
Calendar
<   2006-05   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
Categories
Archive
Comment
Search
Login

Links