Cube Netは、オーストラリアを拠点に多言語対応で活躍するマルチメディア集団です。
18/09/2008

MacOS X (Leopard)でIP Messenger

さて、無事にOSのアップグレードが完了したら、
次はアプリケーションの再インストールですね。

ささっと済ませて、早く元の状態で(それ以上?)
使えるようにしたいですよね。

でも、やはり、不具合はつきもの。

マックとウィンドウズでファイルの共有をしている方は多いと思いますが、
弊社で必須ツールとなっている「IP Messenger」に、問題発覚!

どのコンピューターからもみえるし、やりとりもできるのですが、
MacBookからメッセージを送信すると、相手に届いた直後、
エラー「予期せぬ……」が表示され、
アプリケーションが終了してしまうのです。
相手からの送信や、それに対する返信には問題ありません。

使えないわけではないので、あきらめようかとも思ったのですが、
ちょっと検索したら、やはり解決策はみつかるものなんですね。

本家サイトの障害レポート掲示板にちゃんと指示がありました。


Leopardをお使いでIP Messengerのエラーにお困りの方は、
下記をご参考に!

http://www.ipmsg.org/bbs/bbs-ipmsg-b.cgi?id=&md=set&tn=0918#918

こうして丁寧に対応してくださる方たちがいて、
本当にありがたいです!
09/09/2008

MacBookのOSをLeopardへ

愛用中のMacBookのOSをLeopardへアップグレードしました。
アプリケーションの再インストールやデータのリストアなど
はじめてのことなので大変かなと思っていましたが、
意外にもウィンドウズよりシンプルな作業のように感じました。

インストール自体はDVDを挿入して指示に従って数回クリックすれば簡単に終了します。
わたしはデーターを完全に消去して、一番クリーンな状態にしたかったので、
オプションからそれを選び、
外付けHDDにデータをきっちりバックアップしてからスタートしました。

アプリケーションに関しては、最新版をダウンロードし、インストールすればOKだし、
データもフォルダやファイルの内容を確認したうえで、
いるものだけを手動で移行してみました。

なので移行アシスタント等は使っていません。

自己流でやっちゃいましたが、ほぼ元の状態に戻りました。

レパードの機能として便利かもと思ったのが「 Time Machine 」です。
わたしは何でもすぐに削除してしまうので、これは使えます。
「しまった!」と思ったら、どんどん過去にさかのぼれるんですね。
さすがタイムマシーン!

それから一度にいろんな作業をしているときに便利な「 Spaces 」。

次回もLeopardへアップグレードしてからのことをレポートする予定です。
06/05/2008

マック&キヤノンユーザーのお悩み解決!

今日は久しぶりに、コンピューター関連ネタをアップ。

皆さんはウィンドウズをお使いですか? それともマック?

弊社では、どちらも使用していますが、このたびプリンターを新しくしてみて、びっくり!

『 Canon iP4500 series 』を導入したのはいいのですが、全く同じ画像データを、同じ品質のペーパー、同じ設定でプリントしたにもかかわらず、ウィンドウズから印刷したものと、マックから印刷したものとでは画質の差が一目瞭然。

マックから印刷したものは、色が薄く、ぼやけていて、とてもじゃないけど「写真」とはいえない代物。これはどうしたものかと問い合わせたところ、現在(2008年05月06日)、日本のキヤノンホームページでは2008年04月15日付けで、Mac OS X 10.2.8以上向けの最新バージョンのドライバがアップされています(IJ Printer Driver Version 6.9.3 )。ちなみに、マルチ言語対応により、海外版Mac OS Xでも使えるようで、弊社の場合もこれをインストールしてみました。

なぜかというと、オーストラリアのCanonホームページでは最新バージョンといっても2008年01月29日付けのドライバ(iP4500 series Printer Driver Ver. 6.9.2 )で、一つ前のバージョンのようなのですね。

なので、弊社はオーストラリアの製品『 PIXMA iP4500 』を使用中でありながら、日本の製品『 PIXUS iP4500 』に向けられた新しいほうのドライバをインストールしてみたのです(商品名は違えどチャレンジ)。

その結果、どちらのOSからプリントしても同等レベルのものが印刷されるようになりました!

正直、ウィンドウズとマックの差に憤りをおぼえましたが、問題が解決したのでよしとします。マック&キヤノンユーザーの皆さんは、ぜひともドライバのアップデートを!
24/01/2007

Nucleusのコメントスパム対策

弊社のブログシステムはNucleusを使用しているのですが、
昨年末よりあまりにもコメントスパムがひどくなり、特に最近は一日1000件を超える様になってきたので、コメントスパム対策のためのプラグインを導入してみました。

スパムロボットで送られてくる以上IPでブロックしてもあまり意味がないし、画像認証システムやユーザー登録制は面倒だし、Blacklist系の防御はリストの精度とのいたちごっこになるんじゃないかなと、いろいろ見送ってたところに、見つけたのは、NP_ProtectByMD5。

詳しくはこちらをどうぞ
http://japan.nucleuscms.org/wiki/plugins:protectbymd5


・現時点で、JavaScriptを理解できるスパムロボットが少ない。
・MD5値を計算できるやつも少ないだろう。

とのことで使ってみたら、すばらしい効果を収めております。

このスパム問題、送る側もスパム対策回避のため、日々進化している模様ですが、今のところこれで一安心といったところのようです。

Nucleusをお使いの方で、コメントスパムにお困りの方、お試しください。
21/12/2006

Word2007(Beta)→Word2003

Word2007で作成した文書をWord2003で開こうとすると、エラーが出ます。

そんな時は、バージョンを落として保存すれば開くことができるようになります。

その方法はとても簡単。
まず、バージョンを落としたい文書をWord2007で開きます。



左上のボタンをクリックし、「名前を付けて保存」そして「Word 97 - 2003 形式」での保存を選択します。

すると2007バージョンの文書はそのままに、新たに2003形式で文書が保存されます。
保存名は特に変えなくても大丈夫。同じ文書名でも、きちんと2007バージョンと2003バージョンに分けて保存してくれます。

このように、新しいバージョンのWordで作成した文書を古いWordで開くには一手間かかりますが、もちろん逆の場合は何もしなくて大丈夫です。ソフトウェアをバージョンアップする度にデータが開けなくなっていたら大変ですもんね。
01/12/2006

メールアカウントのインポート(Outlook Express)

前回はエクスポートの方法を説明しましたが、今回はエクスポートして保存したファイル(メールアカウントの情報)をインポートする方法です。


1.メニューの「ツール」から「アカウント」を選択。そして開いた「インターネット アカウント」ウィンドウにある「インポート」ボタンをクリック。該当のファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックします。



これだけで、メール送受信に必要な設定が一括で登録されます。
28/11/2006

メールアカウントのバックアップ(Outlook Express)

Outlook Express 5以降のバージョンでは、メールアカウントのエクスポート機能が装備されています。

この機能はこんな時に役立ちます。

・他のコンピューターでメールを受信したい時
・Outlook Expressを何らかの理由で再インストールした時

もしもの時のために、メール設定を「エクスポート」しておくと、再設定が簡単です。


では、実際にエクスポートしてみましょう。


1.メニューの「ツール」から「アカウント」を選択します。




2.「メール」タブをクリックして開き、エクスポートしたいアカウントをクリックして選択。「エクスポート」ボタンをクリックします。




3.ファイルの保存場所(デスクトップなど)を指定し、「保存」をクリック。




エクスポートされたファイルの拡張子は「.iaf」です。大切に保存しておきましょう。

次回はこのファイルをインポートする方法をご紹介します。
06/11/2006

Internet Explorer7.0ではEzWeb Printが使えない?

「ちょっとしたコンピュータ情報」の更新はお久しぶりです。

今回は、Internet Explorerを7.0にアップグレードするとEasy-WebPrintが使えなくなってしまう、という話題です。

ホームページをさっと印刷するのに便利なEasy-WebPrint。
残念なことに、最新版であるInternet Explorer7.0に対応していません。

そのため、Internet Explorerを7.0にアップグレードすると、Easy-WebPrintを起動させようとしてもエラーが出て使えなくなってしまいます。

そんな事になると、これまでのように綺麗に簡単に印刷できなくなって困るじゃないか~、というとそうでもなくて、Internet Explorer.0は、それ自身の機能がアップしています。

6.0までは、Internet Explorerの印刷機能を使うとページの右端が切れてしまいました。

7.0では、その不具合がなくなっています。

そのまま普通に印刷を行なっても大丈夫。きちんとページの全面がプリントアウトされます。

もし高速印刷をしたい時は、お使いのプリンタドライバで印刷品質を下げてみてください。

両面印刷をしたいなら、お使いのプリンタが自動両面印刷に対応しているかご確認の上、プリンタドライバで設定をします(詳細設定の中の「両面印刷」にチェックを入れるだけです)。

そういうわけなので、7.0にアップグレードしたらEasy-WebPrintが立ち上がらなくなってしまった~!と焦った方も、どうぞご心配なく。
02/06/2006

スピードテスト その2



朝一番に計測してみると、前回の4倍のスピードが出ていました。やっぱADSLはこうじゃないと。
30/05/2006

スピードテスト

投稿者: rie
お使いのインターネット速度が実際はどれくらいのスピードがあるのか、簡単に計測する方法です。

gooホームページのサービス一覧から「スピードテスト」を見つけてください。

今後アドレスが変更される可能性がありますが、2006年5月現在は以下のアドレスです。
http://speedtest.goo.ne.jp/

スピードテストを開くと、まずはじめにこういうフラッシュが表示されます。



74.12Mbpsというとかなり速いですね。

ちなみに、アナログ回線の場合56kbps。日本のISDN回線は通常64kbps。ADSLの場合は、1.5Mbps、8Mbps、12Mbps、24Mbps、40Mbps(料金による)。Mは100万を表す単位なので、1.5Mbpsは1,500,000bps。つまりアナログ回線の約27倍という計算になります。ただしこれは計算上の速度なので、通常、実際の通信速度はもう少し低くなります。

スピードテストは、赤いスタートボタンをクリックすると環境や電話番号などを聞かれますので、該当のものを適当に答え、計測開始。


さて、Cube Netオフィスで使っているインターネットのスピードは・・・




あら、遅い。

ADSLの通信速度(ダウンロード)は1.5Mbps~なので、これはかなり遅いです。
それでも私の自宅のADSLと比べると3倍の速度。
オーストラリアの通信速度がどんな感じがわかっていただけると思います。

今回は回線が込み合う夕方にテストしたので、次回は朝一番にやってみます。
皆さんも、試してみてください。


Calendar
<   2017-08   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Categories
Archive
Comment
Search
Login

Links